小学校1年生 算数 学習内容

小学校入学前に学習の準備をしておきたいというお父さんお母さんがも多いと思いますが、

何をできるようになっておけば良いかわからない方も多いかと思います。

ここでは、小学校1年生で学習する内容を元に、何を家庭で準備すべきかまとめます。

小学校1年生

文部科学省の学習指導要領

算数的活動を通して,数量や図形についての基礎的・基本的な知識及び技能を身に付け,日常の事象について見通しをもち筋道を立てて考え,表現する能力を育てるとともに,算数的活動の楽しさや数理的な処理のよさに気付き,進んで生活や学習に活用しようとする態度を育てる。

数と計算

・ものの個数を数え、数の意味を理解する

・個数、順番を理解する

・数の大小、順番を理解する

・2位数について理解する(2位数:十の位の事)

・簡単な3位数について理解する(3位数:百の位の事)

・数の10を一つの単位として認識する。

・加法(足し算)と減法(引き算)の意味を理解し使用できる。

・1位数(1桁)と1位数(一桁)の足し算、引き算ができる。(3+5や8−4)

・簡単な2位数の足し算引き算ができる。(8+2や13−1)

量と測定

・長さ、面積、体積についてどちらが大きいかなど、比較ができる。(単位の理解の基礎)

・日常生活の中で時刻を読むことができる

図形

身の回りのあるものの形についての観察を通し、図形についての理解の基礎を作る。

・ものの形を認識し、形の特徴を捉える。

・前後左右上下などの方向や位置に関する言葉を用い、ものの位置を言い表すことができる。

数量関係

・足し算引き算を式に表し、計算、読み取りが可能。(例:2+3=5)

・ものの個数を絵や図などを用いて表し、読み取りが可能。

文部科学省、学習指導要領、算数1年生

参考書

足し算

引き算


文章題

コメント

タイトルとURLをコピーしました