【2021年】貿易実務検定【おすすめ資格】

貿易実務検定
貿易立国日本で仕事をする上で切っても切り離せないもの、「貿易」その輸出入における実務を勉強し、証明する事ができるお勧め資格、「貿易実務検定」

貿易実務検定は就職・転職に役に立つか

貿易実務検定を取得したから、即戦力で働ける、あるいは就職に劇的に有利になるといった効果はあまり期待できないと感じます。

しかし、貿易業務をしたいという意欲、自分で出来る事を考え、行動できる姿勢を証明することがで、希望する職種につく確率を上げる助けになると思います。

資格取得のメリット

企業において貿易業務を行い知識をつけていく場合、貿易に関する全体的な流れや知識の構築が非常に大変です。

貿易実務検定の学習最大のメリットは、必要とされる基礎知識、用語について学ぶ事ができ、またそれを体系立てて学習可能な事です。

基礎知識を習得することで、仕事を覚える速度、イレギュラー対応、トラブル対応のために、自分の頭で考える基礎となる、非常に役に立つ資格です。

具体例として、業務において使う知識は取引によって偏りがあります。

取引条件は全てFOBで行っている会社で業務を行なっている会社で場合、CIFやDDPなど他のインコタームズを知らない。

LCを取り扱った事がない、LCの扱いはあるが業務で携わるのは一部分であるため、全体的な流れは全然わからないなど。

同じ業務を行うにしても、全体の流れや、他の取引条件などを理解しているのとしていないのでは、対応力に差が出てきます。

受験を迷われている方は、おそらく、そういった業界で働きたい。あるいは、働いている中で、知識を広げたい方だと思いますので、ぜひ受験してみてください。

受験料

受験料
A級 11,600円(税込12,760円)
B級 6,800円(税込7,480円)
C級 5,700円(税込6,270円)

併願による割引なし

試験内容

A級

貿易実務、貿易実務英語、貿易マーケティング

B級

貿易実務、貿易実務英語、貿易マーケティング

C級

貿易実務、貿易実務英語

科目免除

A級

A級の科目免除はありません

B級

貿易マーケティング:マーケティング・ビジネス実務検定のA級、B級、C級のいずれかに合格している方は科目免除を受けられます。

ただし、合格した時の次、3回の試験のみ免除になります。

C級

貿易実務、貿易実務英語

貿易実務検定C級の貿易実務英語で80%以上を取得したが、資格に不合格となった受験者は1年間、貿易実務英語の試験が免除となります。

公式

貿易実務検定 スケジュール

試験日程 申込期間 試験形態
A級 第20回 2021年10月3日 8月5日〜9月17日

会場試験

(東京・大阪・名古屋)

B級 第67回 2021年7月11日 5月13日〜6月21日 Web試験
第68回 2021年12月12日 10月7日〜11月22日 Web試験
C級 第89回 2021年7月4日 5月13日〜6月21日 Web試験
第90回 2021年10月3日 8月5日〜9月17日 Web試験
第91回 2021年12月5日 10月7日〜11月22日 Web試験

おすすめ参考書

貿易実務ハンドブック ベーシック版

C級受験用のオフィシャルテキスト

貿易実務ハンドブック アドバンスト版

A級及びB級受験用のテキスト

めざせ! 貿易実務検定® 要点解説&過去問題

貿易実務検定C級とB級の学習に使うのであればこちらがお勧め。

過去問も各1回分ついており、本番のイメージも掴む事ができるバランスの良いテキストです。

著者の周りではこちらを使っている方が多くいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました