【アフリカ/中国】森精機 新工場計画

news

エジプト新工場(2023年秋稼働予定)

DMG森精機は2023年秋稼働を目指し、エジプトに新工場を建設するとのこと。

新工場の場所はエジプトのカイロの空港近くに建設予定。

生産台数は年間千台の見込み。

中国・平湖 新工場(2023年稼働予定)

上海南部の平湖(ピンフ)

約63億円を投じて中国の上海近郊に、5軸加工機(DMUシリーズ)の新工場を建設

生産能力は年間1000台を予定している

中国・天津の新工場(2025年稼働予定)

現在ある天津の工場に新棟を設けることで、生産能力増強を図り、現在の約倍、年間1000台を目指す。

資金調達

2024年を万期とするユーロ円建ての転換社債型新株予約権付社債(CB)を発行し、400億円の資金調達。そのうち113億円を中国やエジプトに投資する見込み。

転換社債型新株予約権付社債とは

convertible bondの頭文字を取り、CBと呼ばれる。

こちらはまず、社債とあるように、一定の利息を受け取りつつ、償還日まで保有することで額面金額が払い戻されます。

一方株式に転換して株価の値上がり益を得ることも出来る、美味しいとこ採りができる特殊な社債です。

その代わり、株価の値上がり益が期待できる分、普通の社債と比較した場合利息は少ないです。

 

つまり、ここでは、森精機は海外市場に投資をするので、安くお金を貸して欲しい。

その代わり、利益が出て、会社の価値が上がり、株価が上昇した場合は、その分を株で還元します。といったところでしょうか。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました