インドネシアでものづくり、現地で苦労したこと【人・モノ不足、言葉の壁】

ものづくり

はじめまして。Kakoka(@Shibakin_2019)と申します。

私はエンジン部品の製造生産技術をしております。今の仕事を始めて20年、そのうち4年間をインドネシア駐在として、現地の工場でものづくりに携わっていました。

インドネシアでのものづくりと聞いてもピンとこない方が多いと思います。

Made in Chinaの製品は私たちの身の回りにあふれていますが、私が知る限り、Made in Indonesiaの製品はバーベキューで使う木炭か、UNDER URMOURのシャツくらいですから無理もありません。

また、有名なのはバリ島など、観光地でしょうか。

インドネシアとはどんな国?

インドネシアはアメリカに次ぐ世界第4位の人口を抱えています(約2.6億人)

この人口を背景とした大きな経済的ポテンシャルを持った国で、ASEANの盟主とも言われています。

また、世界最多のイスラム教徒を抱えており、人々は宗教と密接に結びついた生活を送っています。

公用語はインドネシア語、自然も豊かな国です。

インドネシアで困ったこと

モノ不足

インドネシアでのものづくりで困ったことはたくさんありましたが、一番困ったのはなんと言ってもいろんな物が簡単に手に入らないということでしょう。

極端に言うと、ネジ1本ですら手に入らないこともありました。少し特殊なネジになるとインドネシアで作っていないので、それすら海外からの輸入になります。

ネジですらそんな状況ですから、生産に使う設備はもちろん、電装部品、油剤、刃具、工具も現地製の物は皆無です。現地にある日系メーカーから直接購入することもできるのですが、日本の工場のようにフルラインナップで生産されているわけではありません。したがって、生産に使う資材のほぼすべてを結局は輸入に頼らざるを得ない状況でした。

輸入すれば事足りる、という簡単な話ではありません。輸入には時間もかかりますし、手続きも必要です。輸送インフラも整っていないのでオーダーしてから手元に届くまでに膨大な時間とエネルギーが必要になります。

手続きも日本ほどスピーディーに対応してくれません。公的機関なのに担当者によって手続きに必要な書類が変わったりするなんてことは日常茶飯事。そんなコロコロと変わる仕組みに付いていくのがやっとの状態でした。

人不足

足りないのは物だけではありません。人も足りませんでした。特に困ったのは壊れた設備を修理できるサービスマンがいないということです。

先述の通り人口が多く、平均寿命も若い国なので働き手の数は十分です。しかしながら、しっかりと職業教育、訓練を受けている人はあまり多くありませんでした。

結局設備が壊れると日本からサービスマンを呼ぶ必要があり、そのためにまた時間とエネルギーと金を使い・・・ということの繰り返しです。

このような人材不足の原因は、自国内で製造業が盛んではないことだと私は思っています。これは物がすぐに手に入らないことと通じています。

言葉の壁

インドネシアの公用語はインドネシア語であるにもかかわらず、大学などで受ける専門科目の教科書は英語であり、知識の習得が非常に困難です。

同様に、製造現場で使用する設備などについて困ったことがあっても日本や欧米にあるメーカーに問い合わせることが困難です。その理由として、メーカーの担当者はインドネシア語を話せず、インドネシアの技術者は英語がおぼつかない。説明書も英語であり、母国語で説明を受ける事ができないからです。そんな状況では、情報を取得するのも難しく、学習の機会は限られてしまいます。

このようにインドネシア国内の製造業の裾野が狭いことが、この国のものづくりをとても難しい状況にしていると言えます。

その点、日本のインフラは本当に素晴らしく、これこそが日本の製造業の底力であると強く感じました。

日本には最終組立メーカーを頂点に、それを支える装置、部品、材料、副資材メーカーが多く存在します。そこで働く物づくりに携わる日本人は、母国語である日本語で教育や訓練を受け、説明書を読み、メーカーに問い合わせが可能です。つまり、人を育てるためのインフラと道具(言語)が揃っている事が大きな強みです。

言葉を用いたコミュニケーションにより、日本人同士助け合うことで生まれる力の偉大さを日々感じながら生活していました。

インドネシア語学習

私の駐在していた工場の現場の人たちもほぼ英語を話せないので、彼らと会話をするためにはインドネシア語を勉強する必要がありました。また、現地のスタッフから信頼してもらうためには、やはり彼らの国の言葉で話す必要があると自身で考えたことも大きな理由です。

その結果、現地のスタッフとの会話で使用しながらインドネシア語を学習し進めました。

勉強した言葉が相手に通じたり、この言葉はこういう時に使うのか、ということがわかってくるとどんどん面白くなってきました。現地のスタッフからは「今までの日本人駐在員の中で一番上達が早い。」との言葉を貰い、駐在期間中はずっとインドネシア語の勉強を続けることができました。その結果、最終的にはインドネシア語検定のC級も取得しました。

AA級、A級、B級、C級、D級、E級とある中でのC級ではあるものの、日々の生活だけで習得できるレベルではなく、それなりに勉強しないと合格できません。また、C級の取得者も日本全国で4,241人しかいない、希少価値の高い資格です。(2022年1月時点)

 

学習に苦労した点は、インドネシア語の単語をほとんど知らない事です。英語であれば中学の頃から学校で習っている上、生活の中にさまざまな単語が浸透しています。対して事前に知っていたインドネシア語はナシゴレンくらいでしょうか。そのため、食べるや飲むといった簡単な単語一つから覚え流必要があり、非常に苦労しました。

幸いインドネシア語はアルファベットを使いますので、文字から覚える必要はありませんでした。また、時制や格変化などもほとんどなく、文法自体もそれほど難しくはありません。そのためか、インドネシアにはインドネシア語を話せる日本人駐在員も多くいました。

本当はB級まで取得したいと勉強をしていましたが、残念ながら合格することができず、大きな心残りとなっております。B級所有者は日本でおよそ500人しかおらず、狭き門ではありますが、また機会があればどこかで再挑戦したいと思っています。

インドネシア語の勉強法については、こちら記事にしておりますので、併せてご覧ください。

まとめ

海外でものづくりをするということは大変なことであると同時に、とても面白いことでもあります。ここでお話したことはほんの一部で、まだまだお話したいことはたくさんありますので、またの機会にお伝えできればと思います。

日本の製造業の衰退が取り上げられることが多い昨今、確かに改めるべきことがたくさんあるのもまた事実ですが、底力はまだまだ健在だと思います。私もその一員としてこれからもものづくりの現場で活躍していきたいと思っています。

それでは皆様、Selamat Jalan

その他