【2022年】マキタ 保冷温庫 CW003G CW001GZ CW180DZ

保冷温庫

makita:CW003GZ/ CW001GZ

2022年の夏に向けて、大人気マキタから保冷温庫に小型シリーズが追加されました。 現行モデルは大小2サイズ×2色の合計4機種あります。 それぞれの価格と仕様を比較してみましょう。

価格

下記4モデルが2022年時点で現行の最新モデルです。

発売年度 2022年 2021年
型番 CW003G CW001GZ
容量 7L 20L
重量 8.8kg
(BL4050F×1本装着時)
16.1kg
(BL4050F×2本装着時)

電池の本数は異なるものの、重量はおよそ倍あります。 価格差はそこまで大きくないため、用途に合わせて選択すれば良いでしょう。

下記はCW001GZの旧モデルです。下記最新価格はその時のECサイトの価格を反映しているので、安く販売しているものがあれば検討ください。

内容量

詰めればもっと入りますが、ゆとりを持って下記の本数は収納可能です。

 CW001GZの容量20Lは500mlペットボトルで言うと20本、CW003Gは6本入ります。

2LのペットボトルはCW001GZでは4本入っていましたが、CW003Gには1本も入りません。

対応バッテリー

こちらのモデルは直流36V(40Vmax)のバッテリーと、直流18Vのバッテリーどちらも使用可能です。 2020年発売モデルでは、18Vのみ使用可能であったため、2021年モデルの方が長時間での使用に向いております。

40Vmax

makitaの40Vmaxバッテリーを共用できる商品を下記記事にて紹介しております。

18V

使用例

・キャンプ/バーベキュー

食材や飲み物を入れることで活用可能。

・スポーツ

野球やサッカーなど、屋外でスポーツをする際、夏は冷たい飲み物、冬は温かい飲み物やスープなどを入れることで快適な時間を過ごすことができます。 差し入れの時など使えば喜ばれること間違いなし。

・釣り

行きは飲み物と食材を、帰りは釣った魚を入れるなど往復で活躍。

関連記事

アウトドア

makitaでは保冷温庫だけでなく、アウトドアで活用できる商品が多数あります。下記記事も合わせてご参照ください。

ハイコーキとの比較