【貿易用語】LCL、FCLの違い【海上輸送】

貿易

LCL、FCLの違い

海上輸送する際の輸送方法には「FCL輸送」と「LCL輸送」の2種類があります。

貿易実務では必ず出てくる用語ですので、各輸送形態のポイントを抑えておきましょう。

FCLとは

FCL(Full Container Load)は、荷主がコンテナを1本単位で貸し切って使用する形態です。

通常、輸出者が船積みのブッキング、コンテナの確保をフォワーダーに依頼し、コンテナを船会社から借り受けます。

輸出者の工場や倉庫、あるいはフォワーダーの倉庫等で貨物をコンテナに積み込みます。(=バンニング)

貨物を詰めたコンテナは、港にあるコンテナヤードで輸出入の通関や貨物の受け渡しが行われます。

運賃は1コンテナ単位で計算されます。

LCLとは

LCL(Less than Container Load)は、複数の荷主の貨物を1本のコンテナに混載する輸送形態のことです。

FCLと違い、複数の荷主の貨物を積載するため、輸出者がコンテナを借り受ける必要はありません。

フォワーダーや船会社の手配によりコンテナフレイトステーション(CFS:Container Freight Station)で貨物へ詰める作業、通関、貨物の受け渡しが行われます。 運賃は重量または体積の大きい方に基づき計算されます。

メリット・デメリット

それぞれの輸送形態のメリット / デメリットをまとめると下記になります。

  メリット デメリット
FCL ・貨物へのダメージが少ない
・早くコンテナを引き取ることができる

・貨物が少ない場合は運賃が割高
・ドレー次手配が必要

LCL ・貨物の量によっては運賃が割安 ・FCLに比べ盗難・紛失のリスクが高い
・貨物へのダメージが発生しやすい
・貨物の搬出がFCLよりも時間がかかる

まとめ

「FCL貨物」は、コンテナフレイトステーションでデバンニングをする必要がないため、盗難や紛失のリスクが低く、貨物へのダメージも少なくなります。

もし貨物の量がコンテナに充足する量であれば、FCLの方が良いでしょう。

ただし、貨物の量がコンテナ1本に全く満たないほど少ない量であれば、LCLの方が運賃が割安になります。

貨物の量、ダメージの受けやすさ、コスト等多方面からどちらの輸送形態が好ましいかよく検討するようにしましょう。

単語

日本語 英語 中国語 拼音
FCL(フルコン) Full Container Load 整箱
整柜
zhěng xiāng
zhěng guì
LCL Less than Container Load 拼箱
拼柜
pīn xiāng
pīn guì
コンテナヤード CY:Container Yard 集装箱码头 jí zhuāng xiāng mǎ tóu
コンテナフレイトステーション CFS:Container Freight Station 拼箱仓库 pīn xiāng cāng kù
バンニング Vanning 拆箱
卸货
chāi xiāng
xièhuò
デバンニング(デバン) Devanning 装箱 zhuāng xiāng