【中国語】中国語を学習するメリット【2021年-令和3年】

中国語

「外国語を勉強しよう。」あるいは「何か新しいことをやってみようか」そう思った方におすすめしたいのが中国語です。 中国語を学習メリットを下記に記します。

中国語話者が多い

78億人いるとされている世界人口のうち、中国の人口は11.2億人おり、英語と合わせると24億人との会話が可能となる。 使用されている国も、中国、台湾に加え、マレーシアなど、さまざまな国に話者がいます。 下記に参考まで、話者の多い言語をランキングをEthnologue200より引用しております。

言語 話者の数
英語 13.48億人
中国語 11.2 億人
ヒンディ 6億人
スペイン 5.43億人
アラビア語 2.74億人
フランス語 2.67億人
ロシア語 2.58億人
ドイツ語 1.35億人
日本語 1.26億人

Ethnologue200 (2021)

習得しやすい

日本人は漢字を知っていることから、中国の学習でのアドバンテージがあります。発音が難しい一方、単語の学習など、中級レベルでの伸びは他の言語よりも早く、有利な言語です。

ビジネス面でのメリット

日本と貿易、輸出入の総額は2019年の情報で中国が一位、台湾が4位、香港が2.5%であり、その合計は全体の約3割を占めております 中国からの輸入、中国への輸出を合わせた金額で、中国は日本の最大の貿易国です。 中国語ができることで、ビジネスチャンスが広がるので、是非中国語を習得して頂ければと思います。

金額
中国 331.357億円(21.3%)
米国 238,947億円(15.4%)
韓国 82,709億円(5.3%)
台湾 76,162億円(4.9%)
オーストラリア 65,374億円(4.2%)
タイ 60,557億円(3.9%)
ドイツ 49,277億円(3.2%)
ベトナム 42,479億円(2.7%)
香港 38,905億円(2.5%)
アラブ首長国連邦 36,382億円(2.3%)

税関:貿易相手国  

「日本語を話せる中国人」と「中国語を話せる日本人」

人件費の面で考えると、日本語を話せる中国人が圧倒的に有利です。しかし、日本人としての感覚を重要と考え、中国語を話せる日本人を求めるケースも多くあります。 通訳や商社の人に翻訳してもらうことで取引を進めるケースもあるかと思いますが、自分で話すことができると大きな武器となります。

中国語を生かした仕事

・貿易実務 ・通訳 ・サービス業(ホテル、百貨店、電気屋、観光地) ・中国系企業  

文化を学ぶことができる

中国語に限ったことではありませんが、異文化の理解を深めることで、見聞が広がり人生が豊かになります。中でも中国は古来より日本とのつながりが深く、言葉や食文化など、共通する点も多くある一方、異なることもあり、視野を広げることができます。

中国語の資格

中国語学習のモチベーションの維持のため、資格試験の受験をお勧めします。

大きく分けて、中国語検定とHSKがあります。

こちらについては別途記事にします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました