【中国語 】 HSK5級について

中国語

HSK5級のレベル

HSK5級は、受験生の日常中国語の応用能力を判定するテストです。
「中国語の新聞や雑誌が読めるだけでなく、中国の映画やテレビも観賞でき、さらに、中国語でスピーチすることができる」ことが求められます。

HSK公式サイトより

受験料

HSK5級の受験料は8,580円

高いと感じるかどうかは、あなた次第です。

・・・私は高いなぁ。。と思います。。

HSK5級はTOEICと比べると?

筆者の主観ではTOEIC700〜860程度と思います。

TOEICの問題では、聞こえてきた単語がそのまま答えになることが少なく、言い換えた単語が回答になるケースが多いですが、対してHSKの場合、聞こえてきた単語がそのまま回答になるケースが多いです。

つまり、選択肢に書いてある単語の拼音がわかり、網を張ることでかなり得点できてしまいます。このことから、TOEICと比べ、聞き取りで点数を取りやすくなっています。

よって、下記のようなレベルになるのでは無いでしょうか?

HSK5級、6〜7割:TOEIC700点台

HSK5級、7−9割:TOEIC800点台

HSK5級、どれくらい中国語ができるか

筆者のまわりのHSK5級の方の中国語で出来ることとできない事を記載します。(個人差はあると思いますが、アンケート結果です。参考にしていただければと思います。)

出来る事

・ある程度伝えたい内容を中国語で言うことができる。

・恋愛などストーリーの想像しやすいものであれば、字幕で映画やドラマをある程度楽しむことができる。

・時間をかければネットニュースなど、新聞の情報を理解できる(6−7割程度?)

できない事

・単語の拼音、四声について、ある程度正しく発音できるものの、所々正しく無い発音が混じっている。

・宴会の席などのフリートークについていく。

・ニュースを見る

・話の展開が予想できないドラマや映画の視聴

必要単語数、勉強時間

2,500単語、初学者から約500時間の学習で到達

週に2〜4回の授業を2年以上習う

→一回の授業が1時間とすると、100〜200時間。

1時間の授業に対して、1時間の予習、1時間の復習に相当する勉強をしていると仮定すると、300〜600時間程の学習時間です。

ゼロから学習を始め、勉強を始めてから1日に2〜3時間で半年から1年で合格が狙える計算です。

周りのHSK 5級ホルダーの方に聞いても。300時間では難しいとの意見も多かったので、およそ500時間前後を目標に勉強をしてみたら良いのでは無いでしょうか。

就職、転職に役立つか?

HSK4級までも、中国語学習に対する姿勢を伝える目的で記載、5級からは実力をアピールするための資格として記載が可能です。

中国の大学で理系の学部などHSK5級180点が条件とされているも場合もあり、そこで学習する土台ができているかどうか?の基準となるため、ある程度の中国語ができるアピールとなります。

なお、文系学部ではHSK6級180点、HSK6級210点が基準とされている学部もあります。

試験内容

試験問題は全100問(聞き取り45問、読解45問、作文10問)

聞き取り

第1部分 -20問-

内容は、一つの会話+質問を中国語で聞き取り、その回答を4択から選ぶ。

質問と会話が1体1のため、先に選択肢を読むことで、会話の中で聞き取るべき内容の待ち伏せが可能。

例えば、選択肢に、(鼠标,充电器,文具盒,玩具的零件)とあれば、その選択肢中のどの単語が聞こえてくるか、待ち伏せが可能。

第2部分 -25問-

一つの会話+質問(2問あるいは3問)を中国語で聞き取り、その回答を4択から選ぶ。

2−3この問題について、文章を一つ聞き取る必要があるため、ある程度文章の内容を聞き取る必要がある。

読解

第1部分 -15問-

空所補充問題。文中の空所に4つの選択肢からどの単語が入るか選ぶ問題。

一つの文章に3箇所空所が用意されており、文章は5個、計15問

第2部分 -10問-

問題文と一致する内容の文章を4択で選択する。

第3部分 -20問-

長文読解:長文1文に対し、その内容を問う設問が4問が用意されている。長文5件、計20問。

作文

第1部分 -8問-

語句の並べ替え問題

第2部分 -2問-

1問目

与えられた語句を用いて、80字程度の中国語分を作る

2問目

写真が与えられ、80字程度で写真に関する中国語文を作る。

おすすめ参考書

HSK 長文テキスト 5級 改訂版

聞き取り、長文読解対策に最高の一冊。

HSK5級用の長文テキストで、100個の長文が掲載。

HSK5級対象の単語、6級の単語、出題範囲外の単語が注釈で分けられており、今の自分に必要な単語かどうか、一眼で分かる仕様になっています。

レベルとしてはHSK5級高得点狙い〜HSK6級入門レベルのテキストです。

文章の内容も「うさぎとかめ」「虎の威を借る狐」「アリババの創始者馬雲」などジャンルも広く、飽きずに学習することができます。

単語帳

HSK5級で必要となる1300の単語が掲載された単語帳。こちらを使って必要な単語をインプットしましょう。

過去問

オフィシャルの過去問が充実しているので、こちら一択で購入。


コメント

タイトルとURLをコピーしました