私立中学受験6つのメリット

中学受験

 近年の大学入試改革の影響から、私立中学受験に挑戦する家庭が増えています。「先行きの見えない未来を自分の力で切り開いていけるよう、より良い教育環境を用意してあげたい」と考える保護者にとって、「どちらが絶対的に正解」ということはありませんが、私立中学受験をするしないの決断は、お子さまの将来に大きな影響を及ぼします。

この記事では、私立中学受験によって得られる6つのメリットを紹介しています。

 お子さまとしっかりと話し合い、お互いに納得していただいた上で、決断する事が重要です。

大学受験準備

 私立中学に通う場合、高校受験をすることなく、エスカレーター式に高校へ進学することができます。

 学校もそれを利用し、6年間「先取り」で学習を進めるカリキュラムをつくり、大学入試に向けて準備をします。

 数学を例に説明すると、下記のように授業が進行していることが多いです(理系で数学IIICまで学習するケースを想定して説明します)

推薦枠

私立中学の中には、大学の系列校や他大学への連携を行っており、推薦枠を持っているケースもあります。

私立大学の入学定員厳格化により、有名私立大学入試が難化しましたが、私立中学に通うことでその大学に入学できる可能性が高くなります。

部活動

 勉強だけでなく、部活動においても私立中学では大きなメリットがあります。

 高校受験がなく、また部活動も6年間続けることができるため、じっくりと部活動に打ち込むことができます。

また、公立中学にはないような部活があったり、設備が充実していることも多い事から、部活動の面でも非常に大きなメリットを享受できます。

教育観

 私立中学受験をしない場合、基本的には学区により進学する中学校が決まっています。

その場合、進学先の中学校の教育観が、ご家庭のものに沿っていない可能性があります。

また、お子さまの性格や考え方と照らし合わせ、進学先の公立中学校が適した環境とは限りません。

中学受験をする場合、学区にとらわれることなく、ご家庭の教育観やお子さまの性格や考え方に向いている中学校を、自由に選択することができます。

周りの環境

受験をせず中学に進学する場合、学力面において勉強が得意な子も苦手な子も同じクラスに集まり、授業を受けることとなります。そのため、全員にとって最適な授業は非常に困難です。

その点、中学受験を経て進学した場合、ある程度学力や価値観の一致した生徒が集まる環境で学習を進め、感受性豊かな中学高校6年間を過ごすことが出来ます。

高度な学習機会

 私立中学受験で出題される問題には、単に知識や技能を問うものだけでなく、思考力・洞察力を試すものが多くあります。下記に算数の文章題に中学受験で有名な「つるかめ算」を例に説明します。

【例題】

つるとかめが合わせて10匹(羽)います。足の数は合わせて24本です。

つるとかめはそれぞれ何匹(羽)でしょうか。

 

 この問題を大人が解こうとすると、方程式を用いて解きたい気持ちに駆られますが、方程式は中学生で初めて習うものなので、小学生は方程式を使わずに解く必要があります。このように、大人ですら答えに窮する問題も多くあります。

 また、理科や社会の問題では、「なぜこのような現象が起こるのか」「このような事象から、どう社会が変容していくと考えられるのか」などが出題されます。コチラも算数同様、大人でも説明するのが難しいと皆様も感じるのではないでしょうか。

 このように、私立中学受験の問題と対峙することで、他では得ることのできない知的学習をすることができます。

 小学生という早い時期に、このような知的好奇心を満たす経験を積める点も、大きなメリットです。

人間的成長

 私立中学受験にチャレンジするとき、「志望校合格」という目標に対し、現状を把握し、ゴールから逆算してやるべき事を判断し、行動する必要があります。

・今の自分に足りていないものは何か?

・合格するためには、どのような事ができるようにならなくてはいけないのか。

・合格水準に達するために、今やるべき事は何か?

 上記のように、中長期的な目標を立て、実行に移す。その上で進捗を確認し再度計画を見直す。というサイクルを回すことになります。これはまさに、社会に出てからも嫌というほど耳にすることとなるPDCAサイクルです。

 中学受験を通して、小学生時代から実践する事は、将来、研究や仕事など、どのような分野に進んだとしても活用できるため、一生の財産となることでしょう。

まとめ

以上、5つメリットをご紹介いたしました。

「私立中学受験を挑むにあたって5つの課題」については下記別記事をご参照ください。

 そちらもぜひ読んでいただき、中学受験をするかしないかを決定するヒントの一助になれば幸いです。