【2022年】HIKOKI新型保冷庫UL18DC

保冷温庫

2022年6月ハイコーキが”ちょうどいい”使いやすいコンパクトなコードレス保冷温庫UL18DCを発売。

7月より値上げされる中、駆け込みでサンドベージュという新色を引き連れ、小型化モデルとして3色が市場投入されました。

本記事では、マキタのCW003GZ(2022年)との違いと合わせて紹介します。

この記事のポイント
  • ハイコーキ、UL18DBの特徴
  • 昨年のモデルとどう違うか?
  • マキタとの違いは?

HIKOKI:UL18DC(2022年発売)

型番 リチウムイオン電池 急速充電器 ボディーカラー
UL18DC(WM) BSL36B18 別売 アグレッシブグリーン
UL18DC(WMG) フォレストグリーン
UL18DC(WMB) サンドベージュ新色
UL18DC(NM) 別売 アグレッシブグリーン
UL18DC(NMG) フォレストグリーン
UL18DC(NMB) サンドベージュ新色

makita:CW003GZ(2022年発売)

特徴

HIKOKIとマキタは何が違うんですか?
わかば
わかば


先生
先生
それぞれ長所短所があるんだよね。一つづつ見比べてみようか。


容量

メーカー 発売 型番 容量 2L 500ml
HIKOKI 2022年 UL18DC 18L 4本 12本(縦置) 20本(横置)
2021年 UL18DB 25L 6本 15本(縦置) 25本(横置)
makita 2022年 CW003GZ
CW003GZO
7L × 6本
2021年 CW001GZ
CW001GZO
20L 4本 20本

サイズ

UL18DB(2021年)と比べ、およそ10cm小型化。 新色、サンドベージュが追加

温度

 

オプション

ケトル

12Vソケットに接続してお湯を沸かすことができます。

ケトル:No.0000-4600 定価:¥9,000

バッグ

仕切板など、付属品の収納に便利

バッグ:No.0037-8853 ¥3,600

バッグ部分(外寸):高さ190×幅250×奥行95mm 

ラバーマット

冷温庫の結露による、床汚れの防止に

関連記事

マキタとHIKOKIの保冷温庫比較記事

マキタの保冷温庫CW003Gについて

会社紹介