貫通ドライバーとは

ドライバー

貫通ドライバーとは

ドライバーは、大きく分けて貫通ドライバーと貫通ではないドライバーの二つに分けることができます。

この記事では、どちらを購入したら良いかわかるようそれらの違いを説明します。

貫通ドライバは先端からグリップの後ろまで軸が通っている、貫通しているドライバーをいいます。

貫通しているドライバーはハンマーで叩いて使用することが可能です。

通常のドライバーは金属が途中までしかなく、グリップ内部は樹脂や木材などでできているため、叩くことができません。

(筆者の周りでも、昔間違えて叩いて割ってしまった職人さんがいました。)

どのような時、叩いて使用するのか、プラスドライバーとマイナスドライバーにわけて説明します。

メリット

お尻をハンマーで叩くことが出来、用途が広がる事が最大のメリットです。

デメリット

感電のリスク

便利な反面、グリップ内部まで金属の実が通っているため、電気工事に使用する場合、感電する危険性があります。

電気工事に使用する場合は、貫通していない絶縁性の高いドライバーを選ぶ事をおすすめします。

重量

金属部が多くなるため、貫通タイプでないものと比べると重量が重くなります。

価格

金属部が多くなるからか、非貫通タイプと比べると比較的価格が高くなります。

プラスドライバーの用途

腐食した(錆びた)ねじなどを外す際、ハンマーで叩き、振動を与える事でねじを緩ませ使用します。

ねじに対し、ビットの先端をあて、貫通ドライバーのお尻を数回ハンマーで叩くことで、回せないねじを外す事ができます。

マイナスドライバーの用途

マイナスドライバーの使い方で、マイナスねじを回す以外に「抉る(こじる、えぐる)」「タガネのように使う」場合があります。

こじるとは

こじるとは隙間にマイナスドライバーの先端を叩いて入れて部品を外す際などに使用します。小さいバールのような用途をイメージしていただければわかりやすいと思います。

タガネ/ハツリ

使用するハンマー

貫通ドライバーを叩く際は、グリップを痛めないよう、プラスチックハンマーで叩く方がおすすめです。

おすすめの貫通ドライバー

 

メーカー

  • Wera Tools Japan合同会社

コーケン/スナップオン  

用語

 
日本語 英語 中国語 拼音
貫通ドライバー go-through screwdriver 中国語 拼音