【2022年】コードレスファンUF18DA【HIKOKI】

工具

2022年6月22日、HIKOKIからコードレスファンが2022年6月22日発売された。

ファン型φ330mmの大型モデル。

 

この記事のポイント
  • ハイコーキ、コードレスファンUF18DAの特徴
  • マキタ相当品との違いは?

仕様比較(VSマキタ)

初めにハイコーキとマキタの商品の各仕様を比較してみましょう。

メーカー HIKOKI Makita
型番 UF18DA CF301D CF002G
電源 14.4V / 18V / AC100V 14.4V / 18V / AC100V 40Vmax
風速 強:240m/min
中:190m/min
弱:140m/min
微弱:100m/min
強:240m/min
中:170m/min
弱:140m/min
強:240m/min
中:m/min
弱:m/min
タイマー 1時間/2時間/4時間 1時間/2時間/4時間 1時間/2時間/4時間
羽根 ⌀330mm×7枚 ⌀330mm×3枚 ⌀330mm×3枚
騒音値 50dB 52dB 52dB
重量 3.7kg 3.8kg 3.8kg
機体寸法 430×252×595mm 439x261x602mm 439x261x602mm
発売 2022年6月 2021年6月 2021年4月

新しくできたハイコーキのUF18DAは少しだけ静かで軽いんですね。
わかば
わかば

先生
先生
後で出てくるけど、羽の枚数の違いなどが影響しているようだね。


特徴

低騒音設計

・広い現場で活躍する羽型330mmの大型ファン、最大風速240mm/min

・7枚羽根により騒音値50dBの静かでなめらかな風当たりを実現

マキタの同等機種では52dBのため、ハイコーキの方が静かに動きます。

バッテリーについて

・電池2個挿しによる長時間運転可能。

・ACアダプタを本体に収納可能。

これだとコンセントがなくならないですね。
わかば
わかば


メンテナンス性

・ファンガードの着脱が簡単で、掃除がカンタン。取り外し方法はハイコーキとマキタで異なるが、簡単に取り外せる点ではどちらも優れています。

 

会社紹介