【中学受験】おすすめのコピー機比較【2023年以降受験】

中学受験

中学受験を戦う上で最も必要な武器、コピー機

一言でコピー機と言っても印刷可能な紙のサイズ、インクタンクの大きさ等たくさんあります。

その中から中学受験に最適なコピー機選びに役立てばと思います。

おすすめのコピー機

J6983

コピー機に必要な機能

A3印刷(必須)

中学受験において、実際の試験と同じ環境で問題を解くためにA3サイズの印刷が必須となります。

家庭用として一般的に流通しているプリンターの場合、印刷サイズはA4までしか対応していないものが多いので、注意が必要です。

A3スキャン(必須)

塾のテキスト、プリンタをが日々山積みになっていくため、スキャンして処分していくことで資料の管理が上手にできるようになります。

一度スキャンしておけば資料の山から探すのではなく、必要に応じて必要なものを印刷して使用することが可能となります。

給紙トレイ(多いと便利)

1段のものと2段のものがあります。違いは2段のものを購入した場合、印刷する紙のサイズが変更された時、入れ替え不要で即時印刷可能となります。

2段の印刷機は価格も高くなり、印刷機のサイズも大きくなるので、「手間、コスト、印刷機を置くスペース」を検討の上選択ください。

各社比較

ブラザー

MFC-J6983CDW, MFC-J6583CDW, MFC-J6997CDW

エプソン

EW-M5610FT, PX-M6711FT, PX-M6011F

 

PX-M6010F, PX-M5080F, PX-M5081F

 

キャノン

TR9530

印刷機の金額は差額3万円、インク代は差額0.6円。つまり5万枚以上印刷する場合、上位モデルがお得です。

使用年数1年間であれば、137枚/日が分岐点。3年間:48枚/日、6年間:23枚となります。

それ以上印刷する場合は上位モデルがお得となるので、利用枚数をもとにご検討ください。

筆者の周りでは平均するとそこまでは印刷しなかったという意見多かったので、ツールネットはMFC-J6983CDWををBESTなコピー機として推奨します。

いつ買うのが良いか

コピー機を買うタイミングですが、買ったその日から活用できるので、迷った場合すぐ購入する事をお勧めします。

筆者がアンケートを取ったところ、初めはコンビニで印刷して、印刷量が多くなったら購入しよう。と考えていた方もいましたが、「結局手間がかかったので、すぐに購入すればよかった。」とおっしゃっていました。

まとめ

中学受験に挑戦するにあたって親御さんがするべきこと(してあげたい事)は多く、忙しい中で家族一丸となって取り組む必要があります。

その中でコピー機購入は強い武器となりますので、決して安い買い物ではありませんが、必ず役に立つので、ぜひ購入する事をお勧めします。