【2022年】保冷温庫【マキタVSハイコーキ】

保冷温庫

キャンプ、屋外スポーツなどさまざまな場面で活用でき、仲間内皆の憧れと感謝を一手に集める最強アイテム保冷温庫。

2022年マキタから内容量7LのCW003GZ、ハイコーキから内容量18LのUL18DCが出たことから、選択肢は4つに増えました。

ブランド HIKOKI Makita
発売 2022年6月 2021年6月 2022年4月 2021年6月
型番 UL18DC UL18DB CW003GZ CW001GZ
内容量 18L 25L 7L 20L
温度範囲 −18〜60℃

マキタ、ハイコーキの違いや特色を理解し、自分に合った商品を購入して下さい。

少しでも安く購入できるよう、通販サイトの価格比較の情報もまとめています。

この記事のポイント
  • マキタ、ハイコーキの違いは?
  • それぞれのモデル、何が違う?
  • どのような機能があるか?

Makita

はじめに、マキタからは現行モデルとして2機種販売されております。

2022年発売のCW003GZ、2021年発売のCW001GZです。

なぜCW002が飛ばされているのかは言及されていないですが、何か後で新しいモデルが発売されるのでしょうか?

まずは、各モデルのECサイトでの最安販売価格をご覧ください。

CW003GZ(2022年発売)

CW001GZ(2021年発売)

CW180DZ(2020年発売)

2021年モデルとほぼ同じ大きさの旧商品。

安い価格で販売されているようであればこちらもお勧めです。

最新の価格を確認する場合、リンクをクリックください。

・対応バッテリー

発売 型番 18V 36V(40Vmax) サイズ
2022年 CW003GZ 456×245×308mm
2021年 CW001GZ 663×341×372mm
2020年 CW180DZ ×  

2022年モデル(CW003GZ)は小型化され、持ち運びのしやすいモデルです。

バッテリー1本のみ対応。重量も8.8kg(BL4050B)装着時と非常に軽量。

HIKOKI:UL18DC(2022年発売)

次にHIKOKIから、2022年に発売された、”ちょうどいい”使いやすいコンパクトなコードレス保冷温庫UL18DCについて、はじめに価格を下記に掲載しております。

新色のサンドベージュがラインナップに追加されました。

 

型番 リチウムイオン電池 急速充電器 ボディーカラー
UL18DC(WM) BSL36B18 別売 アグレッシブグリーン
UL18DC(WMG) フォレストグリーン
UL18DC(WMB) サンドベージュ新色
UL18DC(NM) 別売 アグレッシブグリーン
UL18DC(NMG) フォレストグリーン
UL18DC(NMB) サンドベージュ新色

UL18DCシリーズについては下記にて紹介しているので合わせて参考にしてください。

HIKOKI:UL18DB(2021年発売)

昨年発売された待望のハイコーキ商品

MakitaとHIKOKIの違い

仕様比較

ブランド HIKOKI Makita
発売 2022年6月 2021年6月 2022年4月 2021年6月
型番 UL18DC UL18DB CW003GZ
CW003GZO
CW001GZ
CW001GZO
内容量 18L 25L 7L 20L
500ml 4本 6本 × 4本
2L 12本(縦置)
20本(横置)
15本(縦置)
25本(横置)
6本 20本
温度範囲 −18〜60℃
設定温度 −18〜60℃ −18〜10
30〜60℃
重量 15.2kg
BSL36B18×1
16.6kg
BSL36B18×1
8.8kg
BL4050B×1
16.1kg
BL4050B×2
外観寸法
(mm)
553×340×450 653×340×450 456×245×308 663×341×372
庫内寸法
(mm)
×× ×× 210×150×220 323×240×261
アグレッシブグリーン
フォレストグリーン
サンドベージュNEW
アグレッシブグリーン
フォレストグリーン

オリーブ
給電方法 ACアダプター (AC100V 50/60Hz)
シガーソケット (DC12-24V)
リチウムイオンバッテリー (直流18V)
USB端子
栓抜き × ×
保護等級 IPX4

バッテリーの充電

【HIKOKI】

バッテリーをつけたままACアダプターを挿した場合、バッテリーが充電される

【Makita】

バッテリーをつけたままACアダプターを挿した場合、バッテリーが充電されない

冷蔵、冷凍併用

【マキタ】

冷蔵あるいは冷凍の1つのみ設定可能です。

【ハイコーキ】

UL18DB(2021年)では仕切り板を挟み、-18°と5°のように冷蔵と冷凍の併用可能です。

UL18DC(2022年)では、0°と60°のように、温度差60°の設定が追加で可能となりました。温かい飲み物、冷たい飲み物の両方を準備する、自動販売機のような温度設定もできます。

仕切り板が1cm程厚みが増し、熱の伝達をより防ぐ構造になっているようです。

内容量

メーカー 発売 型番 容量 2L 500ml
makita 2022年 CW003GZ
CW003GZO
7L × 6本
2021年 CW001GZ
CW001GZO
20L 4本 20本
HIKOKI 2022年 UL18DC 18L 4本 12本(縦置) 20本(横置)
2021年 UL18DB 25L 6本 15本(縦置) 25本(横置)

ドレンの排出

庫内に溜まったドレンをドレン排出口を利用して、外に流すことができます。

ハイコーキの保冷温庫について下記記事にてまとめております。

バッテリー

【マキタ】

対応する電池及び充電器の価格についても下記のようにまとめておりますので、参考になればと思います。

【HIKOKI】

関連記事

マキタ18Vの工具紹介記事

マキタ40Vmaxの工具紹介

makitaアウトドア関連

makitaでは保冷温庫だけでなく、アウトドアで活用できる商品が多数あります。下記記事も合わせてご参照ください。

会社紹介