バレル研磨とは何か?

ものづくり

バレル研磨とは何か?

バレル研磨は、第二次世界大戦で日本が敗戦後アメリカより日本に持ち込まれたのがきっかけといわれています。朝鮮戦争でアメリカより製品を持ち込むと日数がかかる為、部品の製作及びバレル研磨を日本にて開始したのが始まりです。

その後技術の応用発展を経て、現在では、大量かつ同一品質の表面加工が可能となりました。

諸説あり

バレル研磨が活躍する業界

現在バレル研磨は、自動車、電子機器業界をはじめ、

多くの業種業界に導入されており、多くは製造工程における最終工程を担っております。

バレル研磨の目的 前後工程との接点                   

〇いわゆるバリ取りとして・・・

機械切削品、プレス品、焼結品、ダイカスト品のバリ除去を得意としています。

〇バリ取りだけではありません・・・

製品に対しR付け、平滑仕上げ、光沢仕上げといった、精度・美観が要求されたり、メッキやコーティング等の下地処理としてもバレル研磨技術は活用されています。

〇工程省略に貢献・・・

また、バレル研磨だけで鏡面仕上げにすることで、美観目的でのメッキ工程の省略にも寄与できます。

バレル研磨の要素

バレル機械×研磨石(量・品質)×コンパウンド(量・品質)×水(量)×回転数×時間

等、多岐にわたる条件を組み合わせ、顧客のニーズに対応しています。

ここに、ノウハウが詰まっており、バレル研磨の奥深さがあります。

バレル研磨機の種類

回転バレル

バレル研磨の中で最も基本的な加工設備です。

加工時間は長くかかるものの、研磨ムラが少なく、

製品へのダメージを最小限に抑え、安定した精密バレルが可能です。

タンクの大きさにより、少量から大量までの処理に対応可能です。

振動バレル

振動により、バレル槽内の製品と研磨材が交互に摩擦運動を起こし、研磨する設備です。

流動速度は遅いですが、振動の加速度により瞬間的に大きな摩擦力を与える事が可能です。

容積効率が高い為、量産性に優れています。

回転バレルや遠心バレルとは基本工法が異なる為、製品の仕上がりが大きく異なります。

遠心バレル

複数のバレル槽が高速で公転、自転を行い内容物に遠心力を与える設備です。

研磨機の中では最も研磨力が強く、短時間で加工を行う事が可能です。

一般的に、回転バレルの1015倍の研磨力があります。

回転バレルに比べ、製品に与えるダメージが大きく対策が必要な場合があります。

1度の処理数が回転バレルに比べ少量となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。初めて聞く「バレル研磨」が少しでも皆さんに覚えていただけると幸いです。

この記事はダイエイバレル様の協力のもと作成いたしました。