【新商品】近藤製作所、アルマイト処理をしたアルミ生爪を開発

チャック

近藤製作所がアルマイト処理をしたアルミ生爪を新開発。

取り替え式の為、爪本体に本体にセレーションがなく、ワーク(加工物)を傷つきにくい構造。

実用新案も取得済で、2022年中の商品化予定。

 

なぜアルマイト処理をするのか?

アルマイト処理をすることで、耐摩耗性と耐腐食性が良くなります。つまり、傷がつきにくく摩耗にも強くなります。

アルマイトにより色を変えることで、見た目が美しくなるだけでなく、素材加工の際、付け間違え防止効果もあります。赤はAの加工、青はBの加工に使用すると決めておけばつけ間違いを防ぐ事ができます。

今回近藤製作所様への取材をもとに記事を作成しております。

アルミ生爪の特徴

鉄製の生爪と比べて、アルミ生爪の材質上のメリットは?

・アルミ生爪の利点は成形がしやすい。

・軽量であることから遠心力による把握力の低下しづらい。

・柔らかいため、ワークを傷つけづらい。

デメリットは?

・鉄製より柔らかいため、耐久性の面で劣る。

その他