【2021年】模擬試験活用術【中小企業診断士】

中小企業診断士

中小企業診断士受験に向けて模擬試験を受ける方もたくさんいらっしゃると思います。 これまで、中学受験から大学受験、資格試験等、数多の試験、模擬試験を受けてきた筆者が、実践した、その効果を最大限に活用方法をご紹介いたします。

模擬試験の準備

学習に関することは後述しておりますが、まずは、学習以外の内容について記載します。 事前準備で最も大切なのは、”実力を出し切るための準備”です。 すぐに実力は上がらないので、せめて後悔のないよう、実力を出し切りましょう。

学習以外の内容

睡眠をとる

前日緊張して最後の追い込みをしたい気持ちになるかと思いますが、勉強はほどほどにして少しでも睡眠時間をとりましょう。追い込みの勉強は試験直前に取っておきましょう。

持ち物

・アナログ時計

・シャープペンシルあるいは鉛筆

・シャープペンシルの芯

・消しゴム

上記、全員お持ちと思いますが、かならず予備も用意して下さい。 当日たまたま電池がなくなり、時間配分を失敗するリスクがあります。“そんなこと”で1年に1度の試験を棒に振ることがないよう準備しておきましょう。どれだけ準備しても、準備し過ぎはありません。

昼食の計画

中小企業診断士の1次試験は、2日間に渡り午前から午後にかけて7科目を受験する長期戦です。

その中で実力を100%発揮するために戦略を練る必要があるのが食事です。 昼食を食べに外に出て、食事の場所を探す時間は無駄であり、リスクです。

試験当日口に入れるものは、必ず事前に購入しておきましょう

筆者の場合、眠くなるリスクも避けるために、おにぎりとウィダーゼリー、チョコレートを購入し、小分けに食べました。

可能性は低いですが、食あたりのリスクを避けるため、気合を入れていつもと違う栄養ドリンクや、普段朝食を食べていない朝食を食べる。

など、変わった行動を取ることも避けていました。

また、普段は飲み物をたくさん飲みますが、トイレに行きたくなるリスクを少しでも下げるため、口を潤す程度に少しか飲まずに過ごしました。

トイレの場所確認

上述のようにそもそもトイレに行きたくならない準備をしていましたが、

その上で、休憩時間になると、トイレが混んでいなければ、行きたくても行きたくなくても必ずトイレに行っていました。

避けるべきは、トイレに行きたいのに行けない状況。

そのためにできる準備はなんでもしましょう。

学習に関する内容

各科目のファイナルペーパーを作成する

模擬試験間に学習した内容で、まだ頭に入っていない公式や定義などをまとめた紙やノートにまとめたもの(ファイナルペーパー)持ち込んでください。

ファイナルペーパーを作成する事で、学習内容がまとまり、頭に入りやすくなります。

また、試験開始前の、ギリギリの状態でそれを見直してください。

試験前のギリギリに見た内容は、意外と試験にも出るし、記憶にも定着するので、是非活用して下さい。

ノートをまとめるのが得意でない方は以下野網先生の書籍が綺麗にまとめてあるので、おすすめです。

私は自作のファイナルペーパーとまとめシートの両方活用しました。

試験後の復習

問題を解いて、これどういう意味だろうと思った単語、二択まで絞れたけどどっちかで迷った問題など、当日の模擬試験が全て終了したら、すぐに携帯で調べましょう。

「あーそういう意味か」「あと少しで思い出せたのに」と言った感情とともに、記憶に定着します。

模擬試験の点数が良くても悪くても、点数に一喜一憂しないよう注意しましょう。

試験後にできる最も大切な事は本番の試験で正解し、合格を勝ち取ること、ひいてはその知識を自分のものにし、今後の人生に役立てることです。

 

中小企業診断士一次試験の情報、各科目学習方法など下記にまとめてあります。

各社模擬試験

1次試験

予備校名 試験名 試験日 科目 URL
TAC 1次公開模試 5/29 5/30 経済学・経済政策/財務会計/企業経営理論/運営管理 経営法務/経営情報システム/中小企業経営・政策 WEBへ
大原 1次公開模擬試験 6/19 6/20 経済学・経済政策/財務会計/企業経営理論/運営管理 経営法務/経営情報システム/中小企業経営・政策 WEBへ
本番   8/21 8/22 経済学・経済政策/財務会計/企業経営理論/運営管理 経営法務/経営情報システム/中小企業経営・政策  

 

2021年、本番の試験日程については下記記事を参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました