水平器の選び方

水平器とは水平・垂直・45度を確認する測定工具。 別名水準器 (すいじゅんき)やレベルと呼ばれています。

水準器の選び方

水平器の長さ

水平器は10cm程度の小型の物から2mを超えるものがあります。 長いものを用いれば長い範囲の水平を一度に測定可能です。 用途に合わせて長さを選んでください。

磁石付き

建物の鉄骨など、鉄製のものを測定する場合、磁石付きのものを選ぶと便利です。

測定角度

水平・垂直に加え、45度など傾斜を測定必要な場合、必要な角度を測定出来るものを選びましょう。

排水管芯出しレベル

排水管の芯出しレベルには専用のレベルが便利です。

 

アカツキ製作所より

水準器の種類

丸型水平器

一般的な水平器は線の水平や垂直を測定するための工具ですが、丸型水平器は面の傾斜を測定する工具です。

デジタル水平器

気泡管の中の傾きをデジタル液晶画面で表示してくれる水平器。

メリット

気泡の傾きを数値で表してくれるので、作業効率が上がる。 作業者が変わっても読み取りの技術を必要とせず、同じ基準で作業が可能。

デメリット

価格がアナログなものと比較して高い。 電池が切れると使用できない。 作業環境によっては防塵・防水型のモデルを選ぶ必要があります。  

防塵・防水の規格については下記ご参照ください。

レーザー水平器

建築現場などで使用されるレーザー水平器は、距離・高低差も合わせて図る事ができる。また、床や壁に線を映し、位置を表示させる墨出しも可能。

感度と精度

水準器の感度

JIS規格により定められている。

区分 感度
一種  0.02mm/m
二種  0.05mm/m
三種  0.1mm/m

気泡を1メモリ移動させるのに必要な傾斜角のことを言う。感度表示は底辺1メートルに対する高さ / 角度が基準になっている。

この数値が小さいほど感度が高い=わずかな傾斜も測定可能。

水準器の精度

水平器を左右に振り替えたときの記法位置の誤差のことを言う。 気泡管の気泡を1メモリ動かすのに必要な傾斜で、底辺1mに対する高さ (単位μm)又は角度 (単位秒)で表します。

使用例

気泡管水平器 (デジタル水平器)

建物と地面が水平か確認する。 

足場を組む際、レベル出しを行う。

土台の水平をとる。

工作機械など、設備据付時の水平出し

溶接作業での水平出し

丸型水平器

ターンテーブルの中心に置き、水平を取る。

関連用語 英語 / 中国語

日本語 英語 中国語 拼音

水平器

水準器

level Spirit

bubble level

level

水准管

水平尺

平水尺

shuǐ zhǔn guǎn

shuǐ píng chǐ

píng shuǐ chǐ

精密水準器 Precision levels 精密水平尺 jīng mì shuǐ píng chǐ
磁石 magnet 磁石 císhí
角度 angle 角度 jiǎo dù
感度 sensitivity 灵敏度 líng mǐn dù
精度 precision 精度 jīng dù
正確さ accuracy 准确性 zhǔn què xìng
デジタル digital 数码 shù mǎ

コメント

タイトルとURLをコピーしました