関税って何?

貿易実務検定

関税とは

関税とは輸入品に課せられる税の事。

関税率は国、品目、原産国によって決められており、日本では関税定率法と関税暫定措置法によって定められている。

関税の目的

外国からの安価な製品が流入する事で自国の産業が衰退することを防ぐための税金、関税がかけられております。

関税率の種類

簡易税率

1.携帯品、別送品

2.小額貨物 (20万円以下)

税率

国定税率

基本税率・暫定税率・特恵税率があり、関税定率法により定められている。

基本税率

事情に変更がない限り長期的に適用される基本的な税率のことをいう。

国内産業状況等を踏まえた長期的な観点から、内外価格差や真に必要な保護水準を勘案して設定されている。

暫定税率

一定の政策上の必要等から、基本税率を暫定的に修正するため、一定期間に限り適用される税率。

特恵税率

開発途上国・地域を支援する観点から、開発途上国・地域からの輸入輸入品に対し、通常より低い関税率を適応する。最恵国待遇の例外。原産地証明書の提出等満たすべき条件もある。

協定税率 (WTO税率)

WTO加盟国・地域に対して一定律以上の関税を課さない事を約束している税率。

国定税率よりも低い場合、最惠国税率として適用される。

EPA税率

EPA税率はEPA協定によって相手国・地域から輸入される産品に適用される優遇税率。適用のためには、輸入申告時、原産地証明書等必要書類とともに申告が必要。

最恵国関税 (MFN税率)

輸入の際、最恵国待遇の観点から、基本税率、暫定税率、協定税率 (WTO税率)のうち、最も低い税率を適用される。この税率、実行最恵国税率:MFN税率 (MFN:Most Favored Nation)が適応される。

最恵国待遇

特定国に与えた最も有利な貿易条件は全加盟国に平等に適用する事が明記されており、特恵関税、自由貿易協定、関税同盟はこの例外として認められている。

報復関税

自国の輸出品に対して相手国が不当に高い関税をかけた場合、その報復として相手国からの輸入品に対して高い関税をかけること。

関税金額

商品のCIF価格×関税率で算出されます。

関税関連用語 (英語/中国語)

 

日本語 英語 中国語 拼音
関税 customs duty
duty
tariff
关税 guānshuì
税関 custom house
customs
海关 hǎiguān
基本関税 basic tariff rate 基本税率 jīběn shuìlǜ
暫定税率 provisional tariff
temporary tariff rate
temporary duty rate
暂定税率 zàndìng shuìlǜ
特恵税率 preferential duty 优惠税率 yōuhuì shuìlǜ
実効税率 effective tax rate 实际税率
有效税率
yǒuxiào shuìlǜ
shíjì shuìlǜ
後発開発途上国 Least Developed Country 中国語 拼音
自由貿易協定 Free Trade Agreement 自由贸易协定 zìyóu màoyì xiédìng
経済連携協定 Economic Partnership Agreement

コメント

タイトルとURLをコピーしました