【貿易】一括搬入と個別搬入の違い

貿易

一括搬入と個別搬入の違い

コンテナ貨物を輸入する際、下記の順序で行われます。

1.本船到着:コンテナを積んでいる船)が入港

2.荷揚げ:コンテナ貨物が本船から降ろされます

3.搬入があがる:全てのコンテナが降ろされ、NACCSを通して船会社→税関に連絡が完了する。

4.輸入許可が下りる:貨物の受け取りを行う

一括搬入とは

一括搬入とは、このコンテナ全ての荷上げが完了後(コンテナを降ろし終えたのち) まとめて搬入届を税関に提出し、輸入通関を行います。

この場合、全てのコンテナをまとめて扱うため、最初に卸されたコンテナは、最後のコンテナが荷下ろしされるのを待つ必要があります。

個別搬入とは

急ぎで荷物の受け取りが必要な場合、他のコンテナの積み下ろしを待ち、輸入通関を行うのを待たず、個別で輸入通関を行うことが可能である。

メリット

個別搬入を行うことで、通常の一括搬入と比べ早く貨物を受け取る事が可能です。

デメリット

個別搬入を行うためには、事前に船会社に依頼する必要。

一般的に追加料金が必要となる。(料金は船会社や契約により異なる)

荷上げの時間(深夜など)によっては通関が切れない場合がある。

コンテナの位置により、いつ個別通関できるかは確約できない。  

個別搬入の例

下記の船に乗せて中国上海から名古屋に、コンテナ1本の貨物(CY)を運んだ場合について説明します。

船名 ETA ETB ETC ETD
ツールネット 2122E 上海 5/27 11:38 5/27 12:30 5/27 18:30 5/28 10:37
ツールネット 2122E 名古屋 5/30 10:00 5/30 11:36 5/30 21:30 5/31 10:50

ETB(Estimated Time of Berth):5/30 13:36 以降に荷上げが始まります。

ETC(Estimated Time of Completion ):5/30 21:30に荷上げが完了します。しかし、この時間には税関が閉まっているので、輸入許可、受け取りは翌日5/31となります。

ここで、個別搬入を行った場合、ETBとETCの間の時間、 5/30 11:36〜21:30の間に個別搬入が可能です。

その時間によっては、5/30中に輸入許可がおり、一括搬入よりも1日早く貨物の受け取りが可能になります。

前述のように、事前に依頼する必要があり、費用もかかる上に、スケジュールによっては確実な方法ではありません。

手配を依頼しているフォワーダーさんと密に連絡を取り、急ぎの度合いに合わせて活用してみてください。

また、船社によってはETBとETCがわからないところもあるので、その場合、ETAとETDから、輸入許可のタイミングを概算で推測することも可能です。

通常ETA⇨ETBは通常、1時間程度ですが、バースの混み具合によっては変動します。

用語 (英語 / 中国語)

日本語 英語 中国語 拼音
一括搬入 Cargo in
個別搬入 Hot Delivery Service
ETA Estimated Time of Arrival 预计到达时间 yù jì dào dá shí jiān
ATA Actual Time of Arrival 实际到达时间 shí jì dào dá shí jiān
ETB Estimated Time of Berth 预计靠泊时间 yù jì kào bó shí jiān
ATB Actual Time of Berth 实际靠泊时间 shí jì kào bó shí jiān
ETC Estimated Time of Completion
ETD Estimated Time of Departure

预计出发时间

预计离港时间

yù jì chū fā shí jiān

shí jì lí gǎng shí jiān

ATD Actual Time of Departure 实际出发时间 shí jì chū fā shí jiān

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました