正確さ、精度の違い

ものづくり

測定や分析などにおいて出てくる用語、”正確さ”と”精度”の違い。

正確さ (accuracy)

真の値にどれくらい近いかを表す。 正確度確度とも言う。下記の正確さの意味で精度とつ使われることもある。

精度 (precision)

複数回の測定結果の間でばらつきが少ないものが精度が高い。 精密度再現性とも言う。

正確度と精度の違い具体例

的の中心を狙いダーツあるいは矢を放つ場合を例に説明する。 下記の左右を見比べると、特徴は下記のようになる。 左:中心に近いが、4点のばらつきは大きい 右:中心からは遠いが、4点は密集している。

 
正確さ 高い ×
精度 × 高い

これをグラフにすると右の結果をグラフにすると下記のようになる。

引用 wikipedia

繰り返し精度

測定などでよく使われる繰り返し精度は同一条件下で、同一ワーク(測定対象)を測定した場合、測定値はどの程度ばらつきがあるか。と言うこと。 つまりは上述の精度と同じく、正確さ、真の値にどれくらい近いかは示しておらず、測定値のばらつきがどれくらい少ないか。何回測っても同じ値が出るか。を指名している。

日本語 英語 中国語 拼音
正確さ Accuracy 准确性 zhǔn què xìng
精度 Precision 精密度 jīng mì dù
繰返精度 Repeatability 重复精度 chóng fù jīng dù

コメント

タイトルとURLをコピーしました